新着情報

エムエイリンクからのお知らせです。写真をクリックすると拡大します。
date 2013/09/04 news
topic最低賃金と生活保護との逆転解消 北海道除く10都府県

地域別の最低賃金で働いた場合の実質的な収入が、生活保護費の給付水準を下回る逆転現象が起きている11都道府県のうち、北海道を除く10都府県で逆転が解消することが3日、明らかとなりました。同日までに、青森県で最低賃金(時給)が654円から665円に、宮城県で685円から696円に、熊本県で653円から664円に引き上げるなど、関係各地の2013年度の改定額がまとまったためで、10月中旬以降、新たな最低賃金が適用される見通しです。



date 2013/08/30 news
topic7月の完全失業率3.8%に改善、4年9カ月ぶり

総務省が発表した7月の完全失業率(季節調整値)は0.1ポイント低下した3.8%となり2か月連続で改善しました。

 完全失業率が3.8%に低下するのはリーマンショック当時の2008年10月以来で4年9カ月ぶりとなり、特に女性は3.3%となり、これは1997年9月以来となり15年10カ月ぶりの低水準となりました。

 総務省では雇用情勢は「持ち直しの動きが続いている」と判断しています。



date 2013/07/14 news
topic社長!もうタムカードの手計算はやめませんか

仕事柄、労務管理の業務を効率化したいというご相談を多くいただきます。

機械にできることは機械に任せて、機械でできない部分を人がやる。特に中小企業では余っている人なんか存在しません。みんな忙しいのです。

弊事務所では、クラウドを使った業務システムの導入支援を行っています。

是非、ご検討ください。
詳細はこちら



date 2013/06/19 news
topicコラム更新しました

従業員の残業コスト。頭が痛いですね。

毎日リアルタイムで残業時間が把握できたら。。。

できるんです。

弊事務所のクラウドコンピューティングでシステム提供をしています。

どうぞご活用ください。
詳細はこちら



date 2013/06/13 news
topic所長ブログ更新しました

球界の不祥事から組織のトップの責任を考える
詳細はこちら



date 2013/05/24 news
topic最新助成金情報

平成25年度の政府予算が確定し、厚生労働省管轄の
各種助成金情報が整理されました。


詳細はこちら



date 2013/04/09 news
topic4月1日から障害者の法定雇用率が民間企業では2.0%になりました

対象企業は、従業員が50名以上(民間企業の場合)の会社です。

未達成の企業は不足人数に応じた納付金の支払いが義務となります。

また、毎年6月1日時点の障害者雇用の状況をハローワークに報告することも義務となります。



date 2013/04/01 news
topicお陰様で開業6年目を迎えることができました

エムエイリンク社労士事務所は、本日開業6年目を迎えました。

ここまで来ることができましたのは、お付き合いをくださっているすべてのお客様と家族の支えがあったから。
初心と感謝を忘れずに、これからも「役に立つ社労士事務所」としてしっかりがんばって参ります。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

所長 田中 謙二



date 2013/03/15 news
topic労災保険請求時の書類がダウンロードできます

これまでも、労災保険の療養(補償)給付請求書などは厚生労働省のホームページからダウンロードできましたが、厚生労働省では2月12日から、それらに加えて、休業(補償)給付請求書などもダウンロードできるように、書類の種類を拡充しました。



 <新たにダウンロードできるようになった様式>
▽休業(補償)給付関係
・休業補償給付支給請求書(様式8号・別紙2)
・休業給付支給請求書(様式16号の6・別紙2)
▽その他の関係
・未支給の保険給付支給請求書 未支給の特別支給金給付支給請求書(様式第4号)
・傷病の状態に関する届(様式16号の2)

※なお、ダウンロード(印刷)したものをさらにコピーすると、様式にずれなどが生じ、正しく処理できなくなる場合があるので、コピー利用は避け、請求書は利用の都度、ダウンロード(印刷)して使うことを奨励しています。
詳細はこちら



労災保険請求時の書類がダウンロードできます
date 2013/03/08 news
topic『企業実務』3月号に執筆しました

3月号『企業実務』に
「採用計画の達成に向けて 2014年4月入社の新卒採用をめぐる最新事情」が掲載されました。


経団連の倫理憲章によって採用タイミングが2ヶ月後倒しとなって、
大学、企業、就活生はどんな影響を受けたのか。
今後の新卒採用の行方は。


詳細はこちら



『企業実務』3月号に執筆しました
news